コロナウイルス感染拡大に対する、ボランティア派遣の対応について

平素は大変お世話になっております。2020年度もよろしくお願いいたします。

新型コロナウィルスの感染が広がっております。まだ鳥取県では確認されておりませんが全国、特に都市圏では感染者の拡大が起きています。

 

弊社は鳥取県内の農村地域に主に大学生のボランティア派遣を創業時より行っております。

2020年度も、ボランティア派遣を行う予定ですが、昨今の状況を鑑みて以下の判断で行います。特に派遣先は高齢者も多く、また援助する大学生は鳥取県外出身が多く、この春休みで県外に出ていたものも多いです。

 

◆ボランティア派遣に関する指針

(1)基本的に派遣は行わない(無理に派遣はしない)

 4月からのボランティア依頼もいただいてますが、再度受け入れ地域と協議し基本的には派遣は行わない方法で調整します。地域の方も、作業の負担が減るだけでなく、他地域から来た若者との接点を楽しみにしていますが、接触を減らすことが大事と捉えます。

 

(2)作業人員がどうしても足りない場合のみ派遣

 農作業は屋外であり農作業はタイミングが大事な部分もあるので、作業人員として機能している地域も

でております。地域と相談し派遣時には以下の条件の学生のみ派遣します。

 

(A)派遣される日の過去2週間以内に鳥取県外に出ていない者

(B)上記期間中に、発熱や咳などの症状がない者

(C)派遣当日に検温し、37.5度以上でない者

また、弊社の農村ボランティアの派遣人数は1~5名がこれまでも最も多く、少人数の派遣を継続します。

 

(3)屋内での交流を行わない

派遣後のご飯・交流が農村ボランティアの醍醐味ではありますが、密閉空間で数十人が、会話のできる距離で交流するという厚生労働省が推奨しない環境になるため行いません。

 

 

◆大学生の地域活動に関する指針

(1)地域の人と交流はしない、接点はできる限り減らす

地域の人と交流をするような企画は原則行いません。お祭りなどの時期ですが基本はお断りさせていただきます。

三徳レンジャーなど、田んぼでの屋外作業は最低限行いますが、地域の方との接触をできる限り行わないようにします。

 

(2)会議など人が集まることを制限

会議は原則オンラインでやっていきます。少人数(5人以下)の会議室の利用に際しても、長時間を避け、換気を行います。

 

(3)学生の状況の定期確認

3月末時点で春休み期間中の所属学生の滞在先や、体調の変化などについての情報確認は行っております。現時点では体調を崩した学生はいませんが引き続き状況確認は続けていきます。

 

(4)活動に関する情報発信

本来であれば、新入生に活動を伝える、新歓といわれる時期に入りますが直接的な接触は控えて、オンラインで対応する予定で動いております。twitterやFacebook、InstagramなどのSNSを活用して情報を届けたいと思います。

 

(期間)

本日4月1日より、GW明けの5月7日までを一旦の区切りにこのルールを運用します。

ただし、国内および鳥取県内の状況変化も含めて変更する可能性もあります。引き続き、情報収集に努めてまいります。

 

 

事業者の方も含めて大変な状況が続きますが、協力をしながら乗り越えたいと思います。

 

特定非営利活動法人 学生人材バンク 代表理事 中川玄洋


鳥取を舞台に、若者と地域、企業をつなぐ活動をしています。

学生人材バンクは、学生や若手社会人に様々な成長や出会いの機会を提供しながら、

集落の活性化や企業の発展に繋がる仕掛け作りに取り組んでいるNPO法人です。

ボランティアやアルバイト、長期インターン、プロボノ、各種プロジェクトなど、学校外、会社外の出会いや成長の機会をご用意しています。

弊社が紹介している長期インターンはこちらをクリック!

農作業やお祭り、地域イベントの際の若いマンパワーとして、大学生や若手社会人のボランティアを県内外の地域に年間のべ500名以上派遣しています。

大学生の長期インターンや学生記者による企業情報発信、人材確保に関するご相談や、各種社員研修、講演会の依頼も承っております。


Facebook、Twitter、LINE@でも情報発信を随時行っています。ぜひフォローしてください!


友だち追加